読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EMOJOIE CUISINE えもじょわキュイジーヌ

フランス在住のキュイジニエ(料理人)  レシピ,料理の科学,キッチンツール,フランス関連,その他雑記などを綴っています。 

クレームブリュレドーナツの作り方

デザート お菓子 レシピ

f:id:emojoiecuisine:20160831030211j:plain

ドーナツとクレームブリュレを1度に楽しめるなんとも贅沢なスイーツがミスタードーナツから発売されていますね。

そのクレームブリュレドーナツの作り方をご紹介します。

僕の住んでるフランスではドーナツを売っているお店が少なく、美味しいドーナツを見つけるのはとても難しいドーナツ不毛の地です。

ふとポンデリングとか食べたくなるんですよねぇ〜…

 

分量

  • グラニュー糖 75g
  • 卵黄 3個
  • コーンスターチ 27g
  • 牛乳 200ml
  • 生クリーム(動物性)100ml
  • バニラエクストラクト 大さじ1 又はバニラエッセンス数滴
  • 強力粉 250g
  • 塩 3g
  • 植物油 20g
  • 卵黄 1個
  • ぬるま湯 130ml
  • グラニュー糖 25g
  • ドライイースト 2g
  • カソナード(ブラウンシュガー) なければグラニュー糖で代用

 

youtu.be

カスタードクリーム作り

牛乳200mlと生クリーム100mlを火にかけます。

グラニュー糖75gに卵黄3個をすり合わせ、コーンスターチ27gを混ぜ、温めておいた牛乳200mlと生クリーム100mlを加え混ぜ合わせ鍋に戻します。

火は中火で鍋底をまんべんなくかき混ぜながら加熱します。クリームが固まりだしたら少し火を落とし、クリームにつやが出てとろっとなるまで混ぜながら加熱を続けます。

固まりはじめてすぐに加熱をやめてしまうと粉っぽいクリームになるので、クリーム全体に火が通るまで加熱をしてください。

完全に火が入ると固まりだした時のクリームよりも少し緩くなります。これが完全にひが入ったという証拠となります。

ボールに移し、クリームの表面が乾燥しないようにラップをぴったりと貼り付けて冷まし、冷蔵庫でしっかりと冷やしておきます。

f:id:emojoiecuisine:20160831030302j:plain

 

生地作り

生温かい水130mlにグラニュー糖25g、インスタントドライイースト2gを加え溶かしておきます。

ボールに強力粉250g、塩3g、植物油20g、卵黄1個を加え、先ほどのイーストを溶かした水を加え混ぜ合わせ、生地が滑らかになるまで5分ほど捏ねます。

油を塗った容器に生地をいれ、乾かないようにラップや濡れタオルを被せ1時間発酵させます。

f:id:emojoiecuisine:20160831030339j:plain

発酵後8等分にし、生地を丸く成型したら真ん中に箸などで穴をあけドーナツ状に成型します。

油を塗った天板の上に生地を並べラップをふんわりとし、30分発酵させます。

f:id:emojoiecuisine:20160831030412j:plain

 

油の温度を170℃まで上げたらドーナツを上げ始めます。両面に綺麗な焼き色が付くまで揚げましょう。

f:id:emojoiecuisine:20160831030446j:plain

ドーナツがおいしく食べれる時間は大変短く、揚げた後12時間以内です。翌日になると固くなってしまいまったくおいしくありません。

もし食べきれないようなら揚げて冷めたあと、ラップに包んで冷凍してください。食べるときに冷凍のまま20~30秒ほどレンジ温めて召し上がってください。

 

カスタードクリームをホイッパーで滑らかにし、絞り袋などを使ってドーナツの中心とその上に絞りだします。クリームを軽くならしたらカソナードをかけキャラメリゼします。キャラメル部分が冷めればパリパリになります。

f:id:emojoiecuisine:20160831030505j:plain

パリパリのキャラメル、滑らかなカスタードクリームとふわふわのドーナツのハイブリッドなスイーツ。

ぜひ揚げたての焼きたてを食べて頂きたいです。