読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EMOJOIE CUISINE えもじょわキュイジーヌ

フランス在住のキュイジニエ(料理人)  レシピ,料理の科学,キッチンツール,フランス関連,その他雑記などを綴っています。 

レンジで簡単 すぐに使える塩レモンの作り方

スポンサードリンク

f:id:emojoiecuisine:20141223090615j:plain

レンジで簡単!すぐに使える塩レモンの作り方です。

フランスではよく作られ食べられてる塩レモンです。モロッコからの移民が多く住んでいるためです。いたるところにモロッコ料理店がありクスクス、タジンなどの料理がフランス人の食生活の一部となっています。


材料

  • レモン 4個

  • 水 150cc

  • 塩 10g

このレシピでは料理に使いやすいように塩加減を落としています。ですのでレモンの汁まで料理に使うことができます。

 

長期保存重視の場合塩を30gまで増やしましょう。

 

 作り方

1.塩レモンを入れる容器を熱湯殺菌します。

 

2.レモンについた汚れ、防腐剤を落とします。もちろん使うなら無農薬で防腐剤を使ってないものが望ましいのですがなかなか難しいので、レモンの表面を台所用中性洗剤で洗いすすぎ、先ほど熱湯殺菌したお湯に30秒くらいくぐらせましょう。

3.レモンを半月切りにし種を取ります。

4.深めのレンジ対応容器に、水150cc、塩10g、切ったレモンを入れレンジで10分加熱します。

10分加熱後の写真です。

5.きれいなレードルを使い殺菌済みの保存容器に移し、荒熱をとってから蓋をし冷蔵庫で保存します。