EMOJOIE CUISINE えもじょわキュイジーヌ

フランス在住のキュイジニエ(料理人)  レシピ,料理の科学,キッチンツール,フランス関連,その他雑記などを綴っています。 

12月のフランス菓子パンデピスのレシピ

フランスでは12月になると目にする事が多くなるお菓子がパンデピスです。 ハチミツの優しい甘さと香辛料を沢山使って作るお菓子で、パン屋などに並び始めるとクリスマスへのカウントダウンが始まったなと感じる季節のお菓子です。

パリ名物オニオングラタンスープの作り方

寒い季節にぴったりなオニオングラタンスープのレシピの紹介です。 この季節になってくるとパリのカフェのテラス席でオニオングラタンスープを食べている方をよく目にします。

フランスからお届けする3層の魔法のケーキ ガトーマジックの作り方

昨年にフランスの書店でレシピ本が売り出され人気に火がついた魔法のケーキ ガトーマジックのレシピの紹介です。 フランスの料理系ウェブサイトはどこでもこのガトーマジックを取り上げ、様々なバリエーションのガトーマジックを作り上げました。

オーブンなし 口金なし 簡単かぼちゃのモンブランの作り方

普通のモンブランは底にサブレがあってその上にメレンゲをカリカリに焼いたもの、生クリーム、マロンクリームと重ねて作るお菓子なのですが、オーブンも口金も使わずに作れるレシピの紹介です。 かぼちゃをレンジで加熱してフードプロセッサーでペーストにし…

かぼちゃのグラタンのレシピ

今月末がハロウィンだとすっかり忘れてましたw YouTubeのコメントで「ハロウィンが近いのでかぼちゃを使ったお菓子をお願いします。」とリクエスト頂きましてようやく気が付いた訳ですが、前回、前々回とお菓子の動画を連発していたので一度料理をはさんでか…

旬の栗入り抹茶マフィンのレシピ

前回ヌテラ入りチョコレートマフィンを作りましたね。 抹茶好きとしては抹茶のマフィンも作らないといけませんw というわけで抹茶マフィンの作り方です。 今回の抹茶マフィンには栗とホワイトチョコ入り。栗はパリのマルシェで購入。日本の栗と見た目、味は…

ヌテラ入りチョコレートマフィンのレシピ

材料を混ぜて焼くだけの簡単で美味しいマフィンのレシピの紹介です。 ひと手間かけてヌテラをマフィンの中心に入れ、チョコチップを加えました。 ヌテラとはヘーゼルナッツ、チョコレート風味のスプレッド。イタリアやフランスの朝食には欠かせないもので、…

美容健康、ダイエット効果もあるフレンチドレッシングの作り方

今回は我が家で良く作るフレンチドレッシングのレシピです。 フランスではドレッシングを総称してヴィネグレットと呼ばれます。 フレンチドレッシングは酢と油が乳化したドレッシングであるのが特徴でディジョンマスタードを使います。ディジョンマスタード…

【厳選 】キッチンに置いておくだけで料理上手に見える!おすすめ鍋 フライパン 14選

自炊するなら最低限揃えておきたいのが片手鍋、両手鍋、フライパンの3つです。 この3つでだけで大抵の料理は作れると言っても過言では無いでしょう。 そしてサイズ選びも大変重要です。 小さ過ぎても大き過ぎても使い辛いですよね。 一人暮らしだからと言っ…

レモンのメレンゲタルトのレシピ

フランスでも根強い人気のタルト、レモンのメレンゲタルトの作り方です。 レモンの酸味とメレンゲの甘さ、タルトのサクサク感とメレンゲのなめらかな口当たりがなんとも病みつきになってしまいます。 タルトに使う生地は何種類かありますが今回はパートシュ…

サーモンのカルパッチョとサーモンのタルタルのレシピ

フランスで一番生食されている魚と言えばサーモンです。 これはフランスのお寿司屋さんでも言える事で、メニューはサーモンがメイン、その次にマグロ、白身の魚は置いてない所もあります。 そしてスーパーで扱いが多いのはノルウェーサーモン、たまに見かけ…

スフレ チーズケーキのレシピ ひび割れない為に重要なポイント

ふわふわでしっとりとしたチーズケーキ、チーズスフレの作り方の紹介です。 しぼむ、ひび割れる、綺麗に膨らまない。確かに難易度が高いお菓子です。 チーズスフレを失敗せずに作るためのポイントはクッキングシートにしっかりとバターを塗る事とオーブンの…

プロの教えるレストランのようなビシソワーズの作り方

冷製スープの季節ですね。 不動の人気のビシソワーズの作り方です。 フランスでは、ビシソワーズは自分で作らなければ食べる事は出来ません。 お店のメニューでスープはほとんど見かけませんし、コースメニューにスープが組み込まれている事自体珍しいです。…

そのまな板、床より汚いかも!? 知っておきたい台所の衛生ポイント5つ 食中毒の原因と予防

暑い季節は特に台所の衛生環境には気をつけたいですね。 ほとんどの場合、傷んだ食品そのものを食べて食あたりを起こす事よりも、予期せぬ事で菌が混入したのが原因で食中毒が起こる事の方が多いのです。 傷んだ食品は口に入れたとしても、匂いや味で異変を…

これは流行りそう!ニュージーランドのメレンゲ菓子”パブロバ”

日本ではあまり聞いた事のない、ニュージーランドのお菓子 パブロバです。 このお菓子に卵黄は不要なので、冷凍庫にストックしてある卵白を使いました。 卵白のみで作れるお菓子を知っていると重宝しますね。

いいえ、ヒキガエルの皮メロンです。

どんな味がするのか外見だけでは想像できない変わったメロンが売られていたので興味本意で購入。値段は一個3€、約400円。重さは2キロくらい。 スペイン産のメロンらしい。フランスのスーパーではMelon verdeと表記されていたけど、これはスペイン語でそのま…

オイル少なめアヒージョにも応用できる。ジップロックを利用した鴨のコンフィのレシピ

フランスでは鴨のコンフィは作るものではなく買うものです。どこでも売っていますからね。 生の鴨のもも肉を探す方が大変です。 そして鴨は胸肉だけが特に消費されやすく、もも肉が余ってしまいます。 そこで脂の中で煮込み、肉汁などの液体を捨てて、油脂の…

使う材料は2つだけ 5分で出来るおつまみ カリカリチーズなす

腹減ったなーと冷蔵庫を開けると、エメンタールチーズとナスしかない... そんな状況でとりあえず料理を始め、なんとなく出来上がってしまったおつまみです。 それが結構おいしくて、簡単なので、覚え書きとして残しておこうと思ったのです。 ビールやワイン…

エバーカットが本気を出して来たようです。 使用一ヶ月後のレビュー最終評価

新品時の切れ味が10日しか持たなかったと前々回のレビューで書きました。それからも使い続け一ヶ月以上がたちました。 気になる切れ味ですが、驚くべき事に10日目以降ほとんど落ちていません。 (7/25追記 使い始めてから2か月が経ちましたが、10日目の切…

抹茶とあずきのティラミスのレシピ 

子供から大人まで誰もが大好きなティラミス。 今回は抹茶のティラミスの作り方です。 ティラミスには欠かせないサヴォイアルディも手作りで作るレシピとなっています。 サヴォイアルディは簡単に言えば別立て法で作る良く焼いたスポンジ生地で、メレンゲを作…

Evercutは売るための商品としては一流である  レビュー③

使用開始から15日程度経ったエバーカットですが、10日後の切れ味からは目立って落ちていません。 僕自身も少し切れ味の悪い包丁に慣れてきました。 10日目にしてパプリカの皮が切りづらくなりましたが、他の野菜は切れます。 肉のすじは難しいけど、すじ…

10日で切れ味が落ちてきたよ 25年砥がなくていい包丁 EVERCUT(エバーカット)レビュー②

EVERCUT FURTIFを厨房で使い始めて10日。切れ味が落ちてきました。 切れなくなった訳ではありません、少し切れ味が落ちてきたんです。 切り辛くなったと感じるのは、皮の硬い野菜、ミニトマトやパプリカを切るときにスッと包丁が入らなくなってきました。 …

基本のエッグベネディクト 簡単綺麗にポーチドエッグを作る方法

トロっと流れる半熟卵とオランデーズソースの相性が最高のエッグベネディクトを作ってみました。 エッグベネディクトの発祥には諸説ある。 ウォールストリート株式仲買人レミュエル・ベネディクトへの、彼の亡くなる前年である1942年のインタビューによると…

25年砥がなくていい包丁が届いたよ”EVERCUT(エバーカット)” 厨房で1日使ってのレビュー

25年は無理だろと思いつつ、砥ぐ必要のない夢の様な包丁に期待もしつつ、早速EVERCUT(エバーカット)「クイジンナイフ」というモデルを買ってみた。 フランスでは95€で販売されている。日本では15,800円 美しい箱に入って届いた。文字フォントまで美しい。

水を使わない煮込み料理 塩レモンが無くても直ぐに作れるタジン風

さて今回は野菜がたっぷり取れてヘルシーで、しかもフライパン1つで作れる簡単な料理。 前にも一度ブログに書いてはいるのだけれど、動画にしていなかったし、前回のレシピの簡素化と改良をしたかった。 前回は電子レンジで塩レモンのコンフィを作ってから料…

日本は客と店員の間に挨拶がない世界的に稀な国なのか?

客が店員に土下座強要したとか、お茶を投げつけたとか、子供が騒いでるから注意したら母親が「こっちは客なのよ!」と逆ギレした、などのニュースを最近良く目する。 これはもちろん、ごくごく一部の人だけの話なのだが。

クッキーシューの作り方 シュークリーム✖️スペキュロス 

シュークリームを愛して止まないシュークリーマーが世界一多いのは間違いなく日本ではないでしょうか。しかもシュー皮のサクサク感を楽しめるように、注文が入ったらクリームを中に詰めるこだわりようです。 フランスで一般的なシュークリームを見つけるのは…

牛肉のビール煮 カルボナードフラマンド

牛肉のビール煮、オリジナルはベルギー料理のカルボナードフラマンド、フラマンド地方の伝統料理だ。 伝統的なレシピに従えば煮込みの仕上げに薄切りのパンデピスに(パンデピスとは香辛料の沢山入った甘いパンの事。)マスタードを塗って鍋に入れ15分程煮る…

料理人の教える 包丁の砥ぎ方 5つのポイントまとめ

せっかくいい包丁を持っていても砥石での砥ぎ方を知らないのは大変残念なことだ。高価な包丁でも砥がなければ当然切れなくなる。 安い包丁でも手入れが良ければよく切れ、長く使える。 料理をする人なら必ず覚えておきたい包丁の砥ぎ方を5つのポイントで解…

レミーのおいしいレストランのラタトゥイユを再現してみた

ニコニコ動画の料理カテゴリーにて3/20より再現料理祭が開催され、何を再現しようかと迷うことなく、すぐに”レミーのおいしいレストラン”に即決。 主人公のねずみ レミーと見習いシェフ リングイニがパリ一番のシェフを目指すストーリー。 レミーといえば”ラ…